ODM / OBM / OEM

私たちは、美と健康の創造を理念とし、三か条を信条とします。

第一条
他の追従を許さない機能性の高い製品の製造
第二条
最強な口コミとなる製品の提案
第三条
分析・解析し、数値化したデーターの裏付けによる客観的検証

ODM / OBM / OEM のご案内

  • 研究開発室 本社工場

  • 弊社の生産製造は、化粧品及び健康サプリメント(人・ペット)商品コンセプトの創出から販売のご相談まで、トータルコーディネートを行い、高品質な製品を効率よく生産します。特に最新知識や進んだ技術を取り入れ、ヒト幹細胞培養液エキスやプラセンタ成分を中心に生産製造を行います。また、唯一無二の化粧品及びサプリメントを作るため基礎研究から製剤研究まで一貫した開発体制で臨みます。つまり、御社だけのODM・OBM・OEMになります。

    ODMは、御社の企画計画及び設計と開発から生産製造まで、一貫して承ります。
    OBMは、商品コンセプト・デザインの創出から商標登録、販売のご相談までトータルコーディネートにて価値あるブランドを御社用として創作します。
    OEMは、小ロットからの製造で承ります。是非、ご希望をお聞かせください。

弊社ODM・OBM・OEM依頼の価値ある特徴

1. 御社の夢を叶えます。

御社の夢を叶えます

2. 製品に合わせた製法や配合の独自製法

製品に合わせた製法や配合の独自製法

3. ヒット商品の企画

ヒット商品の企画

4. 一貫した体制

一貫した体制

5. 高品質

高品質

6. 完全なるオリジナルブランド

商標登録名称から商標特許申請取得まで

7. 流れ

  • STEP1

    マーケティング

    御社が考えるビジネス成功に向け、トレンドや消費者ニーズに的確にマッチした弊社の持つ商品開発力とマーケティング力により今求められるものを提案します。

  • STEP2

    企画立案

    消費者へアプローチできる企画から商品作成の企画立案を行います。消費者の心は、御社の成功へとつながります。

  • STEP3

    開発

    化学技術分野などの先進技術を応用し、素材レベルの基礎研究から製剤研究まで一貫した研究を化粧品及び健康サプリメントを構成する素材要素において自社にて追い求めています。

  • STEP4

    評価

    化粧品は、テクスチャー(感触)、香り、皮膚刺激性などの官能評価について数値化し、客観的検証をおこないます。色差計などの肌測定器により効果効能を解析し、データーによるエビデンスにより確かな化粧品を提供します。

  • STEP5

    製造

    最新設備と職人感覚で化粧品及びサプリメントを製造します。衛生的で清潔な環境維持は不可欠です。コミュニケーション工場の調整室、バルク管理室には、空気清浄装置を設置し、充填室は、JIS・ISOクラス5のクリーンルームで製造します。また、充填設備は、様々な形状の容器・包装への充填が出来る多彩な充填設備を備えています。パウチの充填機は、各種スタンディングパウチと4方シールパウチへの充填が出来ます。独自設計による6連高速自動液体充填機や、半自動液体充填機、高粘度対応充填機を揃え、小ロットから大量生産まで対応が出来る体制を整えています。包装は熟練スタッフが一つ一つ丁寧に仕上げます。また、包装作業者も工程の検査人としての役割を持ち、一品一品の重量チェックや目視チェックで製品のクオリティを監視します。

  • STEP6

    検査

    常にハイクオリティな化粧品やサプリメントをお届けするために、品質管理スタッフが、厳格に定めた品質基準に基づき中間、最終検査を実施します。製品品質の確保をするため、キープ品の品質管理とトレーサビリティ管理を徹底しています。

  • STEP7

    出荷

    製品には、質の高い梱包を心掛け、日本国内の発送から、海外への輸出FDA手続き(Food and Drug Administration)も行います。中国への輸出には国家薬品監督管理局(National Medical Products Administration 旧CFDA)の認可が必要になります。製造および輸出申請、製品発送まで一貫して承ります。

  • STEP8

    アフターフォロー

    定期的な情報交換、製品出荷後から私たちの仕事が始まります。私たちは、エンドユーザーの喜びを仕事の糧としています。心のつながりが願いです。

8. 16種類素材説明

1. 幹細胞

  • 幹細胞

  • ①幹細胞とは

    幹細胞は、自己複製能と様々な細胞に分化する力を持つ細胞です。この2つの力により発生や組織を作るなどを行う細胞です。全身の細胞を作り出すもとになる細胞のことです。生物は、幹細胞が成長して大きくなるのですね。
    幹細胞は体の至るところに存在していて、全身の細胞を作り出すもとになる細胞のことです。
    肌、臓器、血など、全ての器官にそれぞれ異なる幹細胞が存在していて、新しい細胞や組織を作り出しています。
    体が健康に維持されたり、傷が元に戻るのは、幹細胞の働きによるものです。
    傷等で損傷した臓器や組織を幹細胞の力によって元に戻す「元に戻す技術」の研究が、近年盛んに行われています。

②幹細胞コスメ

肌には、「皮幹細胞」と「表皮幹細胞」という2種類の幹細胞が存在し、それぞれ異なる役割を担っています。表皮幹細胞が表皮細胞を作り出し、肌を元に戻す周期の周期を司っています。また、皮層にある肌細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出し組織を作っています。この肌細胞を生み出しているのは皮幹細胞です。皮幹細胞が細胞を量産し、表皮幹細胞が表皮細胞を量産すれば、肌細胞がタンパク質を量産し元に戻す周期を正し、肌は若々しい健康な状態に戻ります。
私たちの肌に存在している2種類の幹細胞の働きは、加齢とともに低下してしまいます。それが原因で、肌の元に戻る周期が乱れて肌の透明性がなくなったり、コラーゲンやヒアルロン酸の量が減ってハリや潤いがなくなってきたりと、様々な肌障害が起きてしまうのです。

従来の化粧品は、加齢などによって減少してしまった成分を外から補うものでしたが、残念ながら、これでは抜本的な対策にはなりませんでした。しかし、幹細胞コスメの登場により、肌の劣化の抜本的な原因に働きかけることができるようになったのです。
幹細胞コスメは、幹細胞エキスによって、肌の幹細胞に直接働きかける化粧品のことです。
幹細胞培養エキスの作用によって、幹細胞を元気にさせて、肌の本来の力を元に戻すことが大切です。肌の元に戻す力を高めて、表皮の元に戻す周期を正常に整え、皮のコラーゲンやヒアルロン酸をたくさん作り出すことができれば、年齢を重ねても若々しいハリ・弾みのある美肌がキープできます。
元に戻す技術を基に誕生した「幹細胞コスメ」は、優れたスキンケアです。

③幹細胞培養エキス

2014年8月に認可されたばかりのヒト由来幹細胞コスメは、植物由来や動物由来よりも、高い効果が期待できるのが特徴です。
肌に関わるヒト由来の幹細胞には、ヒト脂肪由来と、ヒト線維細胞由来の2種類があり、ヒト脂肪由来の方がよりよい効果が期待できると言われています。
ヒト脂肪由来幹細胞培養液にはサイトカイン、インターロイキンやSOD等の酵素などの活性物質やコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの細胞外タンパク質成分の育成成分が豊富に含まれており、肌の弾み効果や透明性効果、傷み防止作用、増毛効果等、様々な活性効果が学術発表されています。
ヒト幹細胞培養液は幹細胞を培養する際に作られる成分で、細胞の受容体に結びつき活性させるさまざまな活性物質や皮組織に必要不可欠な細胞外タンパク質を豊富に含んでいます。
日本では美肌に活用されている他、頭髪にも用いられています。アメリカや韓国等では既に化粧品成分として広く認知されており、「ヒト幹細胞培養液」配合の化粧品が革新的な化粧品として人気を集めています。

④保障

幹細胞培養液は、肝炎を含むウィルスに感染していない健康な成人女性ドナーの皮下脂肪を採取し、その中から取り出した幹細胞を培養して抽出します。
幹細胞の培養はGMP(法律に基づいて厚生労働大臣が定めた品質管理基準)に準拠したクリーンルームで行われ、その取り扱いはクリーンベンチの状態下で行われます。また、GMPに準拠した管理体制で管理され、検査が実地されています。生産過程において何度もウィルス・感染のスクリーニングテストが行われ、さらに最終工程では全数検査を行い、合格した製品のみ出荷しています。
日本では「品質、有効性の確保等に関する法律」規定があり、生物由来原料基準を守る法律が定められています。
ヒト由来の成分なので、肌にも適合しやすく、全く気にせずに使えます。

2. 富士山伏流水

  • 富士山伏流水

  • 弊社は、富士山の地下層を流れている伏流水から採水しています。富士山といえば日本一の山として知られています。日本有数の銘水をつくり出すこともあります。
    富士山は、度重なる噴火が生み出した幾重にも重なる玄武岩層(バサルト層)からなり、この雄大な富士山に降り注いだ雨水や雪が永い年月をかけて、玄武岩層の地中に浸み込み、地底深く伏流水となっていきます。
    溶岩層の間を長い年月をかけ濾過されて湧き出しているミネラル分豊富な水であることと、日本でも富士山伏流水にのみ大量に含有するバナジウムを含んでいることです。また、何層もの天然フィルター(玄武岩)を通って行くことにより、自然にろ過され、綺麗な原水となっています。

3. プラセンタエキス

  • プラセンタエキス

  • プラセンタとは、胎盤のことですね。胎盤の細胞は細胞が育つ成分がたくさん含まれています。正常な細胞は健康のもとになります。紫外線や不規則な生活などで荒れた肌もプラセンタに含まれた細胞活性成分でお肌を元に戻します。
    プラセンタは、母親の胎内で、胎児を守り、育む進化の過程において、哺乳類にのみ授けられたこの組織は、命の誕生や維持に不可欠な活性物質を多様に産生し、新しい細胞をつくる遺伝子情報のシグナルを司るため、命の情報の「ライブラリー」と呼ばれます。

    プラセンタ=生命に与えられた大いなる恵み。

    その秘めたるスキル性は、紀元前の昔から注目され、また洋の東西を問わず、様々な健康や若さの維持のために利用されてきました。
    そして今、バイオ・ゲノムテクノロジーの発展とともに「元に戻す技術」といわれる分野でも使用されています。

4. ヒアルロン酸

  • ヒアルロン酸

  • ヒアルロン酸は、皮膚、軟骨、眼球では重要な役割を持ちます。1グラムのヒアルロン酸は、約6リットルの水を保持することができます。皮膚では水を保水する力によって乾燥を防ぎ肌に潤いをもたらします。紫外線によって皮膚中のヒアルロン酸やコラーゲンが損傷するとされ、75歳の人間の皮膚のヒアルロン酸は19歳の人間のおよそ25%の量にまで減少します。ヒアルロン酸は、日本の技術によってナノ化すると5nmにまで分子量を小さくでき、細胞間の隙間より小さくでき皮膚バリアを通過することができます。

5. ザクロエキス

  • ザクロエキス

  • ザクロは、食するとビタミンの宝庫と言われています。ビタミンB1(チアミン)=主に炭水化物や乳酸のエネルギーをサポートする。脳のエネルギー源になる ・ビタミンB2(リボフラビン)=三大栄養素、特に脂質のエネルギーを助ける。皮膚や粘膜を正常に保つ ・ビタミンB3(ナイアシン)=エネルギー産生の補酵素として働く。神経系の働きを助ける ・ビタミンB5(パントテン酸)=善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防する。健康の力を強くする ・ビタミンB6=体内のアミノ酸の作成を行う、神経伝達物質の作り出しにかかわる ・ビタミンB9(葉酸)=DNAや血の作り出しにかかわる。胎児の成長に不可欠 ・ビタミンC…メラニンの沈着を抑える透明効果や、減退をいやす効果、健康力作用がある 【ポリフェノール】 ・アントシアニン=見る力の低下を防ぎ、目の機能を元に戻す。内臓脂肪の蓄積を抑える。劣化を防ぐ作用 ・レスベラトロール=劣化を防ぐ力がある、健康阻害の予防(※諸説あり) ・エラグ酸=透明効果、劣化防止作用、ガン・糖尿病の予防 ・タンニン=収れん作用による肌の引き締め効果、劣化防止作用、臭いけし・【ミネラル】 ・カリウム=体内の水分やいらなくなった物を排泄し、水ぶくれを予防する。血圧や筋の動きを正常に保つ ・カルシウム=骨や歯の元になる ・マグネシウム=タンパク質の作成やエネルギーにかかわる ・鉄分…貧血の防止や造血作用 【その他】 ・エストロン=植物性物質で、体内を元気にさせる働きがあるザクロの可食部に特に豊富な成分は、ビタミンCとポリフェノール、カリウムです。 これらは、透明や若さ維持、健康障害の緩和などに効果があるといわれています。

6. ダマスクローズ花水

  • ダマスクローズ花水

  • ダマスクローズを水蒸気蒸留して得られる芳香水。緊張やストレスから心を解き放ち、リラックスさせる香り。また、肌の弾む力を上げ、みずみずしさを保ち、収斂作用など、若々しい肌を保つ効果がある。

7. ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド

  • ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド

  • 蛇毒

    まるで塗るボトックス!弾み力のある若々しい肌

    ボトックスはの筋動きを抑制する働きがあり、「表情でできる肌溝」のような筋によっておこる「肌の溝」を目立たなくさせる効果があります。

8. カプリロイルジペプチド−17

カプリロイルジペプチド−17

9. テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

  • 油溶性ビタミンC誘導体の一種。コラーゲン作り出しの効果・コラーゲン解体酵素の抑制効果と、皮脂の劣化抑制効果、メラニン作り出し抑制効果があります。
    また、水溶性ビタミンC誘導体より安定性が高く、皮膚へのはいりこみ率が高いという性質があります。

10. プロテオグリカン

動物のプロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸とマトリックスを作ることで身体組織や皮組織を維持しています。また組織形成や伝達物質としての役割など、組織維持や元の戻しに関係しています。

プロテオグリカンプロテオグリカン

コラーゲン、ヒアルロン酸と同じく、皮層に存在し、肌の弾む力やハリを保つ重要な成分。
この3つの成分は細胞の足場を作る3兄弟みたいなものですが、プロテオグリオカンはそのリーダー格となります。

EGF様作用(表皮細胞増殖)、ヒアルロン酸産生、T型コラーゲン産生、肌の疲れ防止、肌の溝防止、皮の弾む力、B16メラニン作成抑制、色素沈着抑止など多岐にわたる機能を有しています。

11. 加水分離ローヤルゼリータンパク

  • 加水分解ローヤルゼリータンパク

  • 加水分解ローヤルゼリータンパク
    • ・紅斑、ROS産性抑制
    • ・ローヤルゼリー特有のタンパク「ロリヤリシン」、「アビシン」を含む。

12. プロセラミドナノディープモイスト

プロセラミド塗布によるセラミド産生増加

プロセラミドナノディープモイストプロセラミドナノディープモイスト

牛乳由来のスフィンゴミエリンをリポソーム化

生体内に存在するリン脂質の一種。セラミド産生作用があり、肌の潤いを保つ効果がある。細胞賦活に関わる効果を示す。リポソームにすることにより、表皮深部までデリバリーされます。
スフィンゴミエリンを取り込むことにより、細胞自身の力で肌を元に戻す周期を正し、バリア機能の整った健康的な肌を創造します。

13. セラキュート

  • セラキュート

  • セラミドと非常に高い構造類似性を持っています。そのため、肌への親和性に優れていて、かつ高分子化したことでセラミドにはない機能を併せ持っています。
    これは、塗布後、乾燥する過程でセラキュート?同士の強い親和力により肌表面でポリマーネットワークが形成され、これにより、肌が引き締まり、柔軟性があり、弾む力に富んだ柔肌を元の若い状態に戻すことができます。

14. コショウソウ芽エキス

  • コショウソウ芽エキス

  • 高い抗劣化力をもつカラシ菜の一種「コショウソウエキス」

    肌の排泄機能を強化し、細胞内に発生する非メラニン色素の蓄積による変色を抑えます。

    コショウソウエキスの廃物排泄効果

    劣化ダメージ、タンパク質のダメージを最小化し、黄褐色の変色を排泄します。

    劣化、変色とは?

    これまで見逃されてきた非メラニン性の黄褐色の色素の事。劣化たんぱく質と劣化脂質により作られる『劣化毒素』、劣化により細胞内に蓄積する『劣化色素』が該当します。

15. マンダリン果皮エキス

  • マンダリン果皮エキス

  • 皮膚の最外層である角質層は、肌の明るさを左右する光の通り道です。
    最外層を形成する角質細胞の表面が乱れていると、曇りガラスを通したように肌はくすんで見えてしまいます。
    マンダリン果皮エキスは、角質細胞1つ1つにハリを与えることで表面を整え、皮膚深部からの内部反射光(肌の色として認識される光)を増やすことにより、肌に奥行きのある透明を与えます。

16. α-アルブチン

  • α-アルブチン

  • α-アルブチンが、肌の色素変色・斑肌・雀斑・日焼けの原因となるメラニンを作り出すチロシナーゼに作用して、メラニンの作り出しを強力に抑制する効果があることを発見しました。
    ヒト60人による試験において、α−アルブチンは1ヶ月目から他の透明化成分に比べ最も効果的にメラニンの作り出しを抑制します。この効果は、試験期間(3ヶ月)全てにおいて持続していました。

9. 化粧品製造販売業許可

会社名
株式会社健び堂
許可番号
13COX11648
トップへ